飲酒運転根絶!!

ブログ

飲酒運転根絶!!

交通教育

運送事業者の皆さん、ドライバーの皆さんへ
 
ご存知の方も多いかと思いますが、6月28日千葉県八街市で痛ましい事故が発生しました。
トラックが児童の列(小学生5人)に突っ込み男の子2人が亡くなり、1人が意識不明の重体
との事です。
 
また事故を起こしたトラックの運転手からは、基準値を超えるアルコールが検出されたの事です。
 
私自身、小さな子供を持つ親として胸が引き裂かれそうになる思いで、このニュースを見ており
ました。

  
誰もが事故を起こしたくて起こすものでは無いと思いたいです。
ですが、「飲酒しトラックを運転する」この様な行為は、本当に事故を防ぐ気が有ったのかさえ
疑問に思えてしまいます。 
 
飲酒運転自体、絶対にしてはならない行為です。ましてやトラックを運転する事が分かっていな
がら飲酒するなど有ってはならない事です。
 
 
今回、事故を起こしたトラックは自家用(白ナンバー)ですが、昨年一年間で事業用トラックに
よる飲酒運転事故も36件あったそうです。
 
 
事業用トラックであれば、乗務前の点呼時にアルコール検査を必ず行わなければなりません。
どの様な形でアルコール検査をすり抜けたのか?はたまたアルコール検査自体行われていなかっ
たのか?不明ではありますが「事業用トラックを運転する=プロ」としての自覚を持ってお仕事
をして頂きたく思います。
 
 
今回の事故の様に乗務直前に飲酒する事など普通では考えられませんが、少しなら大丈夫などと
いった安易な考えは絶対にダメです。
また、晩酌を行った後早朝に乗務される際などはアルコールが体内に残っている事も多くあり得ます。
早朝の乗務など、飲酒してから時間が少ない場合などは酒量の調整などに気を付けて頂きたく
お願いします。 
  
 
亡くなられたお二人のご冥福をお祈りすると共に飲酒運転根絶を切に望みます。

 
 
 

 
 
(高原)